Skip to content

音楽理論3

2021年6月 2日

12:Upper structure triad③

  • 2021年6月2日

Real minor scale systemでのUST Real minor scaleでの考え方は、Major scale にてのUSTと同じです。 r.mVIとr.mVIIではディミニッシュトライアドとなるので、UST候補...

2021年6月 2日

11:Upper structure triad②

  • 2021年6月2日

Blues systemでのUST USTはBlues systemにおいて本領を発揮します。 ブルースコードで最も使われるドミナントコード上に乗せられるUSTを考えます。 ドミナントコード=R + M3 +[5th an...

2021年6月 2日

10:Upper structure triad①

  • 2021年6月2日

+4P4 Interval build 次の構造で作られる3声パーツの和音です。 +4P4 Interval buildはパーツとして、これ以上の音の積み重ねはありません。 ...

2021年6月 2日

9:4度堆積②

  • 2021年6月2日

4度堆積コードからスケールを考察する② P4の堆積数を増やすごとに、対応できるスケールが減少していきます。 順を追ってみていきましょう。 C4.2 11thが積まれます。 よって♯11を持つLydian...

2021年6月 2日

8:4度堆積①

  • 2021年6月2日

前回までの講義にて、コード&スケール、基本Blues、アプローチハーモナイズなどの、3度堆積を基にしたほぼ全ての知識は習得しています。 今回から講義する4度堆積は、全く違う世界のサウンドです。 通常システムでは得られない...

2021年6月 2日

7:応用Harmonizing②

  • 2021年6月2日

Broken approach 【定義】Apコード構成音を任意に分散和音化する。 【3-2 Etude1】 ApコードであるDim.A=Do7 ADA=G7(♯9♭13)を分散和...

2021年6月 2日

6:応用Harmonizing①

  • 2021年6月2日

前回までにて基本及び実践のHarmonizingを習得してきました。 ここから先の応用Harmonizingを学ぶにあたり、重要な事項を再確認する必要があります。 Harmonizingでは「アプローチトーン」の確実な認...

2021年6月 2日

5:Harmonizing実践③

  • 2021年6月2日

実践 Harmonizing 練習曲 【3-2 Etude1】から③ 最後の10小節目を見ます。 まずは前半部分です。 Bø7をLocrianで固定してしまうと...

2021年6月 2日

4:Harmonizing実践②

  • 2021年6月2日

実践 Harmonizing 練習曲 【3-2 Etude1】から② 6小節目から8小節目の頭まで見ていきます。 インターバルを見たときにAp候補になりそうなのは上記の3音です。 ①・・・アボイドの♭13。 次...

2021年6月 2日

3:Harmonizing実践①

  • 2021年6月2日

実践 Harmonizing 練習曲 【3-2 Etude1】から 2小節目のE7altにあるメロディがこの楽曲で一番難しいハーモナイズになるので最後に説明します。 まずは3小節目からハーモナイズしていきます。 3小...