ハーモニーの実践とスケール別のアプローチについて | 特定非営利活動法人ミュージックプランツ | 音楽制作・作曲・DTMを支援する会 Skip to content
音楽理論3 一覧に戻る
2021年6月 2日

4:Harmonizing実践②


実践 Harmonizing 練習曲

【3-2 Etude1】から②

6小節目から8小節目の頭まで見ていきます。

 

コードの時間軸の最後尾の音について 解決の定義を満たしていないがセンタートーンでもない音はどのように扱うべきか

インターバルを見たときにAp候補になりそうなのは上記の3音です。

①・・・アボイドの♭13。
次のP5(Ct)に解決しているのでAp確定。

②・・・アボイドの♭13だが、Am7の最後の音なので次の小節Dm7のスタート音11(Ct)に解決しているとは言えない→別の解釈が必要か?
③・・・インターバルとポジション的にApと見えそうだが、前小節の同フレーズとApのポジションが変わっている。
→Ctと見たほうが無難か?

そこで次のように解釈します。

 

実践ではセンタートーンと見られそうな音はなるべくセンタートーンとしてみる

②・・・次の小節Dm7のスタート音11(Ct)に解決している音とみる。
→Dm7での音とみるのでインターバルがm3となり、結果Ctとみて問題ない。
③・・・Ctとみる。

【Tips】実践でのハーモナイズではCtとみられそうな音はなるべくCtとして捉える。

ここまでのハーモナイズは次のようになります。

 

次に進行するコードの先取音が伴うハモりの付け方の例

 

①ApはDim.Aの他にもADAやSTAが考えられます。
ADAならばApコード=E7(♭9♭13)、STAならばApコード=G7sus4です。

8小節~9小節を見ていきましょう。

ハモりを付けるメロディの例

とりたててテクニックの要らない部分です。
G7(♭9)の対応スケールはHmP5bで11がアボイド、C△7の対応スケールIonianでm3がノンスケールトーンで共にApになります。

メロディにハモりを付けた例

 

 

ADAはAp=m3でG7(♭9♭13)とG7(♯9♭13)の両方が使えるところです。
この場合、元コードがC△7とメジャータイプのコードなのでG7(♯9♭13)を使います。

スケール別に見た全Approach Harmonizing②

Ionian

元コード=C6 Ct=G(P5)

 

各アプローチトーンに対応するアプローチコードの比較 C6の場合

元コード=C△7 Ct=B(M7)

 

各アプローチトーンに対応するアプローチコードの比較・トライアドの場合


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。