Skip to content
音楽理論3 一覧に戻る
2021年6月 2日

11:Upper structure triad②


Blues systemでのUST

USTはBlues systemにおいて本領を発揮します。
ブルースコードで最も使われるドミナントコード上に乗せられるUSTを考えます。

ドミナントコード=R + M3 +[5th any] + m7

コードトーン M3 (♭5) P5 +5 m7
テンション ♭9 9 ♯9 ♯11 ♭13 13
アボイド音 11 △7

ドミナントコードの成立を阻害する音は「11th」と「△7」です。
C7上で考えると「F」と「B」です。
USTはメジャートライアドを最優先で使用します。
全メジャートライアドで「F」と「B」を共に含まない物がUSTで使えます。

よって使えるものは「D」「E♭」「G♭」「A」「A♭」の5つです。
ルートからの相対度数では「II」「III♭」「V♭」「VI♭」「VI」となります。

ベースコード(:C) C Dm Em F G Am
Ionian C(6)
C△7
Dorian Dm7
Phrygian Em7
Lydian F△7
Mixolydian G7
Aeolian Am7
Locrian Bø7

不可のものでもCsus47にすれば「F」と「B♭」が使えます。
ブルーノートペンタトニックスケールを考えればF音は割と頻繁に登場しますので、候補に入れておきます。

これらも含め、使用不可のUSTもアプローチコードとしてならば用いることができます。

ハーモナイズの視点から見たUST
ルートからのインターバルでみたUSTをまとめてみます。

△7(B音)はドミナントコードを最も阻害する音です。
もしもメロディで用いる場合は、瞬 間的なクロマチックトーンのみに限られます。
その場合のアプローチコードのUSTは、クロマチックアプローチとして用いるのが適切でしょう。

【補足】マイナートライアド
実践では9thへのUSTで「Vm」がよく使われます。
Blues systemにて、ドミナントコードに使われるマイナートライアドは、ほぼこれだけです。

【3-11 Etude1】

メロディにUSTでのハーモナイズを行ってください。

USTを用いたハーモナイズは以下のようになります。
コードに対するUST部分を確認してください。


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。