Skip to content

音楽理論3 一覧に戻る

2021年6月 2日

1:Harmonizing基礎


Harmonizing基礎

メロディそのものにハーモニーを付けて和声化することをハーモナイズ(Harmonizing)といいます。
ボーカルのコーラスワークや、ブラス・ストリングセクションのアレンジメント、効果的なツインリードギターなど、適応・応用範囲がとても広くあります。
しかし、真の学習目的は、アレンジメントの応用修得ではありません。
Harmonizingを修得することにより、音楽の最難関「メロディ構築」のスキルが確実に大きく向上します。
それはメロディの完全なる絶対値的判断が可能になるからです。
ここでの必要な準備スキルは、単に今までの学習内容の理解だけで済みます。
ただし、「完全な理解」が要求されます。
インターバル、Altered scaleの対応コード、各コードプログレッションの瞬時な判別が要求されてきます。
これまでの復習が一層必要になってくることに十分留意してください。

簡易ハーモナイズ:ブロックコード

まずは、一般的によく用いられている「ブロックコード」を押さえておきましょう。
メロディにコード構成音をなるべく維持した形で付加することで完成します。

次の楽譜のメロディにブロックコードでのHarmonizingを考えます。
注)ハーモナイズに用いる「ハーモナイズコード」と分けるために、通常で用いられているコードを「元コード」と呼んで区別することにします。

【3-1 Etude1】

コード構成音である「P5=G」「M3=E」には元コードCでそのままハーモナイズします。
「M6=A」はCのバリエーションコードとしてC6を使います。
アボイドである「11=F」は同じくバリエーションコードのCsus4、テンションの「9=D」はCにテンション音だけを付加したCadd9を使います。

ブロックコードは非常に簡易に用いられますが、サウンドに深みがありません。
より深みのあるHarmonizingを行うためには「Approach harmonizing」の技法を用います。

Approach harmonizing

メロディを「センタートーン」と「アプローチトーン」に分け、センタートーンには「元コード」を、アプローチトーンには元コードに関連し新たに作る「アプローチコード」でHarmonizingをします。

「センタートーン」と「アプローチトーン」

新標準音楽理論①の第12回目で既に説明しました。
ここで改めて説明します。

定義
メロディのアプローチトーンがセンタートーンに上下半音、またはスケール上の全音で移動すること。

注1 アボイドノート、ノンスケールトーンはアプローチトーンでしか存在できない。
注2 全音の動きでノンスケールトーンからは解決できない。

センタートーン・・・・メロディーを構成する音の中で重要な役割の音。
        省略出来ない音。

        アプローチトーン・・・単独で存在せずにセンタートーンに移動する必要のある音。
        脇役の音
    

ここで先程の【3-1 Etude1】を見てみます。
明らかにアプローチトーンになるのはアボイドの「F」です。
アプローチトーンは基本的に連続しないので、その前後の「G」「E」はセンタートーンになります。
また、最後の「E」はロングトーンなのでセンタートーンです。
しかし、最初の「A」とテンション音の「D」はアプローチトーンともセンタートーンとも取れそうなところです。

こういう場合、アプローチトーンだと仮定して別のアプローチトーンに音を置き換えてみます。
アプローチトーンならば、センタートーンに解決できるポジションの他の音に置き換えても、メロディはそのキャラクターを保ちます。
メロディのキャラクターが変化してしまえば、その音は「置き換えることができない音=センタートーン」確定となります。

テンション「D」を「D♯」に変化させてみる
テンション「D」を次の「E」音へ半音でアプローチする「D♯」に替えてみます。

メロディのキャラクターは変わっておらず、自然に聞こえるので「D」音はアプローチトーン確定です。

M6「A」を「A♭」に変化させてみる
M6「A」を次の「G」音へ半音でアプローチする「A♭」に替えてみます。

この場合、メロディのキャラクターが大きく変化し、元のメロディとは違う感覚に聞こえてしまいます。
この「A」は変化させるべきではない音なのでセンタートーン確定です。

よって、センタートーンとアプローチトーンは次のように確定されます。

センタートーンに元コードでHarmonizing

Harmonizingは基本4和音で行います。
元コードは「C」のトライアド表記ですが、M6はコードトーン扱いとなり、表記をしなくても実質「C6」と演奏されることがよくあります。
特にJazz系の楽譜においてD7Cは基本トライアド表記(サウンドに必要な場合は7th chord表記)とし、6th(M6)、7th、更にテンションを楽曲の雰囲気に応じ、自由に加えて演奏します。
このような演奏法を「テンションの自動付加」と呼びます。
この場合、センタートーンには「C6」でハーモナイズします。

アプローチの種類とアプローチコードの作り方

アプローチの種類は全部で5種類あります。
そのうち3種類はDominant approach groupに括られます。

これらはアプローチトーンの状態や求めるサウンドによって使い分けていきます。
まずはScale tone approachとChromatic Approachを取り上げます。
この2種類から作られるアプローチコードで全アプローチトーンのHarmonizingが可能になります。

Scale tone approach (STA)

【条件】アプローチトーンが元コードのスケール音である。
スケール音であるならばコードトーン、テンション、アボイドの種別は問いません。

【作り方】元コードからスケールトーンモーションするコードを用いる
簡単に言えば元コードの隣のコードを用います。
ここで注意が必要なのは、「元コードがD7Cの何番目か」といった対応スケールの素性を明確にしておく必要があります。
さらにスケールトーンモーション時に行った「トライトーンを作らない」処理を、アプローチコードに施さなければなりません。
ただし、元コードがReal minor scale systemにあるときには処理は必要ありません。

Chromatic Approach (Ch.A)

Chromatic Approachはとても簡単です。
条件を満たせばオールマイティに使えますが、Scale tone approachも使える場合はそちらを優先させます。

【条件】アプローチトーンが(上下)半音でセンタートーンに解決する

【作り方】元コードと全く同じ形で(上下)半音にずらす

【3-1 Etude1】のHarmonizing

Approach harmonizingからメロディへの応用
アプローチトーンは、センタートーンに解決できるならば置き換えてもかまわないことから、次のようにメロディを改変することができます。