Skip to content
音楽理論3 一覧に戻る
2021年6月 2日

12:Upper structure triad③


Real minor scale systemでのUST

Real minor scaleでの考え方は、Major scale にてのUSTと同じです。
r.mVIとr.mVIIではディミニッシュトライアドとなるので、UST候補から除外されます。
:r.mCにてトライアドchordを確認します。

Cm Dm E♭+ F G

特殊系スケールのUST

Diatonic系ではないスケールなので、メジャー、マイナー、オーギュメント、それぞれのトライアドで確認します。

Diminished scaleでのUST

アボイドはありません。
ノンスケールトーンが「♭9」「M3」「P5」「m7」となります。

Combination of diminished scaleでのUST

アボイドはありません。
ノンスケールトーンが「9」「11」「♭13」「△7」となります。

Whole tone scaleでのUST

スケールが全音のみの並びなので、スケールトーンからメジャーとマイナーのトライアドは作れません。
結果、「D+」のみになります。
Lydian7thからのUST「III♭+/IV7」になぞって「B♭+/C7」と表されます。
(9,♯11)テンションの組み合わせになる、Whole toneとLydian7thからのUSTはよく使われます。

音楽とは何かを考える

作品名 作曲家
I Say A Little Prayer バート・バカラック Pops系列の避けて通れないアメリカの重鎮作曲家
THANATOS – IF I CAN’T BE YOURS 鷺巣詩郎 国内ヒットチャートにおける最高難易度音楽理論楽曲
ジムノペディ第1番 エリック・サティ フランス近現代音楽における超異端児。
ドビュッシー、ラヴェルへの影響は計り知れない。
今では当たり前になっているIV△7スタートのこの楽曲は、当時にはあまりに鮮烈すぎた。
ドビュッシー、ラヴェルがPops系列の始祖であるとするならば、Rock系列の始祖がまさしくこの人
Je Te Veau エリック・サティ
月の光 クロード・ドビュッシー 音楽「美」の3大巨人
ポピュラーミュージックの重要要素=「既成概念」の破壊と再構築、美的新機軸概念の確立を、クラッシック上で「こちら側」にありながら提起し続けた偉人
パスピエ クロード・ドビュッシー
亡き王女のためのパヴァーヌ モーリス・ラヴェル 音楽「美」の頂点に君臨する作曲家 ドビュッシーと共に「印象派」形成の重要人物。
ドビュッシーよりも古典的形式に傾くとされるが、音楽の緻密な構成力、アンサンブルは圧倒している
ダフニスとクロエ第2組曲1夜明け モーリス・ラヴェル
パヴァーヌ 作品50 ガブリエル・フォーレ モーリス・ラヴェルの師。
フランス近代音楽「美」の礎を築ききった人。
コード&スケールの観点からも聴き込んでほしい作曲家
Après un rêve(夢のあとに) ガブリエル・フォーレ
トゥーランガリラ 第5楽章 オリビエ・メシアン 「こちら側」と「向こう側」の境界線上の人。
近現代音楽の巨人。
音楽理論的に「境界線」とは何かを命じさせている人
Mycenae Alpha ヤニス・クセナキス 完全に向こう側の人。
数学的・記号論的作曲の第一人者

アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。