Skip to content
音楽理論3 一覧に戻る
2021年6月 2日

10:Upper structure triad①


+4P4 Interval build

次の構造で作られる3声パーツの和音です。
+4P4 Interval buildはパーツとして、これ以上の音の積み重ねはありません。

このパーツだけを用いた参考曲です。
【3-10 Etude1】

通常システムへの+4P4パーツの流用

ルートを変化させて「C+4P4」パーツを上部に乗せてみます。
もととなる3度堆積コードを確認してみます。

この中で最も用いられるのはA♭7(♯9♭13)とD7(9 13)です。
特に、単純にルートだけを補完したものは、「♭13」と「9」をOmitした合理的なVoicingになります。

【3-10 Etude1】
P4パーツ、+4P4パーツを用いた練習曲です。

Upper structure triad①

Upper structure triad(以下UST)は「上部構成3和音」の意味になります。
まず大切なのは、通常のメロディを支えるコードとして用いるものではなく、ハーモナイズの一手法として用いるものだということです。

【USTの作成条件】

  • 上部はメジャートライアド・マイナートライアド・オーギュメントトライアドを使う(ディミニッシュトライアドは含まない)
  • 上部にテンション音を含むこと(元コードがトライアドの場合は△7を含む)
  • 当然ながらアボイドノートを回避する

【USTの表記法】
分母、分子共にコードネームを使う。

通常の分数コードのように「分母=ルート」ではなく「分母=コード(ベースコード)」となる。

G/C△7

Major scale systemでのUST
:CにてトライアドでのDiatonic chordを確認します。

C Dm Em F G Am
VIIについてはBm(♭5)のディミニッシュトライアドとなるので除外されます。

Ionian~Locrianまでの各アボイドノートを確認します。

アボイド :Cでのノート
Ionian 11th F
Dorian 13th B
Phrygian ♭9 ♭13 F C
Lydian 無し
Mixolydian 11th C
Aeolian ♭13 F
Locrian ♭9 C

元コード(分母)に乗せられる上部トライアドは次の表になります。
なお、「✕」のところはアプローチコードとしてなら用いることができます。

楽譜で確認します。

各USTを通常のコード表記にするとどうなるかを確認してください。

D7CのバリエーションコードにおけるUST

これも、通常のコード表記を確認しましょう。

USTの実践

Major scale systemでのUSTを用いた練習曲です。
実践で用いるには以下のことを確認してください。

  • USTはテンション音を含むので、すべてにおいて使うわけではない
  • アプローチトーンのところは「✕」のUSTを用いる

上段がメロディ。
2段めがUST、3段目がアプローチハーモナイズです。
USTのサウンドキャラクターを比べてください。


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。