Skip to content

音楽理論1

2021年5月 29日

12:Major scale世界からの飛躍

  • 2021年5月29日

前回までにおいて、Major scaleにおけるBasic chord progressionの説明は全て終わりました。 これで基本的なコード進行を自由に組めるスキルを手に入れたことになります。 ここからあとは、メロディやサウンドに影響...

2021年5月 29日

11:Basic chord progressionまとめ

  • 2021年5月29日

コード&スケール 音楽の通常システム 通常の音楽にて「メロディ」は「コード」で支えられます。 コードには「スケール」が対応し、スケールがメロディの基本的な材料になります。 この「コード」と「スケール」が対応関...

2021年5月 29日

10:Scale tone motion

  • 2021年5月29日

Scale tone motion 日本語で言えば「音階的な音の動き」、すなわちDiatonic 7th chord上でとなりに移動する進行のことです。 ※重要 スケールトーンモーション時にはトライトーンをなくすことが必要。 ...

2021年5月 29日

9:音楽の中心核

  • 2021年5月29日

超最重要事項:Dominant motion 「音楽」を理解すること、これ即ち「Dominant motion」を理解することです。 「音楽」というものを突き詰めていくと「中心核」が見えてきて、その重大な構成要素の一つに「Dom...

2021年5月 29日

8:コード進行の初歩

  • 2021年5月29日

循環コードとその応用 循環コードとはD7Cを(I - VI - IV[II] - V)と並べてできるコード進行です。 世界で最も用いられているコード進行であり、基本形から変化させて様々なパターンのコード進行を作り出すことができま...

2021年5月 29日

7:Key調性と調号

  • 2021年5月29日

変化記号 ♯(シャープ) ♭(フラット) ♮(ナチュラル) 音名は鍵盤の白鍵部分が基準になっています。 この基準からずれた鍵盤を示すためにはこれらの変化記号を用います。 主に黒鍵を指し示すために用いら...

2021年5月 29日

6:D7C「インターバル」②

  • 2021年5月29日

転回(Inversion) 音をオクターブ移動させることを転回(Inversion)といいます。 6度、7度の半音数はInversionで見ると容易に数えることができます。 またコードの弾き方で前後の音の流れを調節する...

2021年5月 29日

5:最重要項目「インターバル」①

  • 2021年5月29日

Interval 音楽理論はたった2つのモノサシだけで全てが説明されます。 一つは「半音・全音」であり、もう一つが「インターバル(Interval)」というモノサシです。 コード、スケール、メロディ解析、ハーモナイズま...

2021年5月 29日

4:音階(スケール)の世界

  • 2021年5月29日

ポピュラー音楽における大骨格が「Major scale」です。 しばらくはMajor scaleの世界について詳細解説をします。 このMajor scaleは音楽全体の95%以上で使われていて、Major scale s...

2021年5月 29日

3:五線譜の仕組み~五線譜記譜法

  • 2021年5月29日

音楽を「楽譜」として記録させるのに今なお「五線」を使った「五線譜」が多く用いられます。 DTMの発達で五線譜が読めなくてもピアノロール画面などで作曲を行うことはできますが、音楽を「視覚的に見る」「図形的に解析する」といった客観的、...

音楽制作プロセス講習説明会オンライン開催

DAWの仕組みやDTMの流れを、未経験者でも分かりやすいように解説した説明会を開催しています。

DTM/DAW入門 作曲・音楽制作入門 作曲実践体験 個別カウンセリング

                   詳細と日程を確認する