Skip to content

音楽理論1 一覧に戻る

2021年5月 29日

11:Basic chord progressionまとめ


コード&スケール

音楽の通常システム

通常の音楽にて「メロディ」は「コード」で支えられます。
コードには「スケール」が対応し、スケールがメロディの基本的な材料になります。
この「コード」と「スケール」が対応関係にあることを理解すると、メロディの客観的構造解析ができ、改良の余地があるかどうかの価値判断に大いに役立ちます。


大きな尺度から小さな尺度へ

今までの理論材料でこのことを説明すると、スケールはMajor scale、コードはMajor scaleから作られるD7Cと見立てることができます。
また、メロディは実践的には、基本的材料であるMajor scaleからⅣとⅦを取り除いて作られるScottish scaleを主とすると考えることができるでしょう。
この概念をさらに微細化します。
楽曲で使われる一つ一つのコードそれぞれに対応スケールを考えます。
Major scaleの3番目を例に出すと、IIIのコード(IIIm7)に対応するのはIIIのスケール(Major scaleの3番目の音から並び替えたスケール=Phrygian)となります。

ここで、コード&スケールを理解するメリットをお話しましょう。

コードは3度堆積で作られ、最大で7音まで足されます。
通常の基本コードとして使われるのは7thまで足された4和音です。
この「Root 3rd 5th 7th」までのエリアを「コードトーン」といいます。
またこれ以上のエリア「9th 11th 13th」を「テンションもしくはアボイドノート」と呼び、コードトーンと区別して考えます。

それぞれの性質を説明します。

「9th 11th 13th」の音たちをコードトーンの間に挟み込むと「7音の連続したスケール」となります。

コード&スケールの概念図

このスケールとコードを「お互いに対応関係にある」といいます。
コードから見れば必ず対応するスケールが一つ以上存在し、そのスケールを確定すればコードトーン、テンション、アボイドも確定します。
あるコードを用いたときの対応スケールを理解することにより「コードトーン」「テンション」「アボイドノート」の区別ができ、更にそれらに含まれないスケール外の音(Non-scale
tone)が確定されるのでメロディ一音一音の精査とコントロールができるようになります。
これらの音は、音楽のジャンルや聴衆へのターゲットによって使われ方やその存在比率に差が出てきます。


Major scale systemでのChord & scale①

コード&スケールでは次の4つの情報が必要です。

  1. スケールの全音・半音構造

  2. スケール各音のインターバル

  3. 対応コード

  4. テンションとアボイドの区別

先ほど例に出したMajor scaleの3番目、すなわちIIIのコードとその対応スケールであるIIIのスケールをKey of Cで具体的に説明します。

Key ofCでのMajor scaleの3番目、すなわちEから積み上げたコード:D7C=Em7とEから並び替えたスケールが対応関係になります。

テンションとアボイドの区別は、コードトーンであるEm7と一緒にそれぞれの音を鳴らしてみると判断できます。

これに基づいてIIIのコード&スケールを見ると

1 全音・半音
2 インターバル構造 R ♭9 m3 11 P5 ♭13 m7
3 対応コード Em7 (IIIm7)
4 テンション・アボイド テンション=11(A) アボイド=♭9(F) ♭13(C)

IIIのスケールには、これらの4つの条件が含まれています。
そしてこれらの条件をひっくるめて呼び表すための名前として「Phrygian」と名付けられています(読み方は『フリジアン』『フリギアン』など)。

残りの「I」「II」「IV」「V」「VI」「VII」のコード&スケールについても同じような考え方で対応関係を導き出すことができます。

Functional motion(機能的進行)

Diatonic dominant motionのP4進行、Scale tone motionの上下2度進行以外に残っている「上下3度及び5度進行」で進行しやすいものを「Functional motion」と呼びます。

Function(機能)
Function(機能)とは曲の進行感を司る要素のことです。
各コードは1つ、または2つのFunctionを持ち、コード進行において時間軸上の配置への目安に役立ちます。

以下、Tonic=T Subdominant=S Dominant=Dと表します。

最も自然な流れ。
T→S S→D D→T

同じFunctionへの進行も問題ありません。
T→T S→S D→D

自然に逆らった進行、抵抗感を生みます。
注意すべき点は、「抵抗感」を生むのであって「進行出来ない」のではありません。
進行感にブレーキをかけることにより、新鮮な感情を生む効果があります。
また、ロックにはこのテイストを含んだコード進行が多いです。
T→D S→T D→S

Diatonic 7th chordのFunction

メジャーコードは1つ、マイナーコードは2つのFunctionを持ちます。
各Functionを考慮するとDiatonic上で「上下3度及び5度進行」は以下のように分類されます。


進行しやすい ◎→○→△→▲→X 進行しにくい


Functional motionとResistive motion
この表から進みやすい進行である「Functional motion」は「III度下進行」と言えます。
また▲や✕は進みにくい進行でこれを区別し「Resistive motion」(反抗的進行)と呼びます。
△はそのどちらでもなくニュートラルな進行感になります。
ex.1

Functional motion ◎ or ◯ 3度下進行
Resistive motion ▲ or ✕ 3度上及びメジャーコードの絡んだ5度進行
ニュートラル マイナーコードの5度進行

循環コードはDiatonic dominant motion 、Scale tone motion、Functional motionが含まれる進行です。