このページでは、音楽理論コースの受講に役立つコンテンツを随時公開していきます。

・・・このマークのコンテンツが公開中です。

第1回 新標準音楽理論概論

音楽理論を学ぶ意義
 …全てはインターバルで説明される
Major Scaleの世界
転調とOutとReal minor
完全に自由なコード進行
ブルースとHarmonize

...Read More

第2回 「音」の成り立ちと構成

「音楽」の構成要素
和音:3度堆積
作曲と楽曲と音楽理論
ノイズと「音」
「音程」と「音名」と基準周波数
「音色」=基音と倍音
 

...Read More

第3回 五線譜と鍵盤

五線譜の構造
3度堆積:Triad(3和音)
ト音記号とヘ音記号
3和音:キーボード練習
度数:五線譜と鍵盤の関係
Major Scale と音名
白鍵と黒鍵

...Read More

第4回 音階(スケール)の世界
 

♯と♭とクロマチックスケール
全音と半音 ダイアトニックスケール
Diatonic Scaleの条件→Primary Scale
Major Scaleの定義
調性記号と臨時記号
3度堆積:7thコード(4和音)
メロとコードとスケールの関係
Bassの意義

...Read More

第5回 インターバル①
【最重要項目】

度数と半音数と音名の関係
状態記号①
度数別のインターバル
インターバルの通常枠
絶対音名と相対音名
キーボードでのコードの弾き方①
循環コード

...Read More

第6回 インターバル②
【最重要項目】

状態記号②
通常と異常 dim aug
インターバルとinversion(転回)
コードネームシステム→コード記号
D7C(Diatonic 7th Chord)
Triadと7thコード
キーボードでのコードの弾き方②
コードの転回型

...Read More

第7回 Key 調性と調号

調号の意義
調号とKeyの規則的関係
全調性のMajor ScaleとD7C
相対音名の意義
関係調
【ET】相対音感

 

...Read More

第8回 コード進行の初歩

循環コード
循環コードの発展
セクションの組み立て
Dominant motion 基礎
キーボードでのコードの弾き方③
インバージョンの活用
【ET】明暗から一歩進んだ感情
 

...Read More

第9回 音楽の中心核

【超重要】Dominant Motion
トライトーンの意義
DDM(Diatonic Dominant Motion)
DDMコード進行例
III7①
キーボードでのコードの彈き方④
DDMキーボード演習
インターバルの感情表現

...Read More

第10回 Scale tone motion

DDMとSTM(Scale Tone Motion)
カノン進行とは
バリエーションコード
コード進行まとめ①
【ET】明暗から一歩進んだ感情

 

 

...Read More

第11回 Basic chord progressionまとめ

機能(Function)とは
Functional MotionとResistive
ロックテイストを含む進行
コード進行まとめ②
STMキーボード演習
コード進行演習

 

Read More

第12回 Major scale 世界からの飛躍

コード&スケール
テンションとアボイドノート
転調技法①
関係調からの借用①
【ET】スケール別の感情

 

 

...Read More

思い描いた通りの自由な音楽制作を

ゼロから始める人も、
さらにスキルアップしたい人も、
自分に合わせて受講できる。