第3回 五線譜の仕組み~五線記譜法

※無料ダイジェストが再生されます。本編は¥2,160で視聴可能になります。

音楽を「楽譜」として記録させるのに今なお「五線」を使った「五線譜」を用いることがとても多い。
DTMの発達で五線譜が読めなくてもピアノロール画面などで作曲を行うことができるが、音楽を「視覚的に見る」「図形的に解析する」といった客観的、俯瞰的な観点から見直すには五線譜が今なお一番すぐれている。
また、音楽理論の習得にあたっては五線譜の理解が必要不可欠となる。
作曲においても思いついたメロディとコードを忘れないうちに記録するには五線譜がもっとも速い。
五線譜が 理解できず楽譜が書けないために、せっかく頭に生まれたいくつもの素晴らしいメロディを無駄に捨ててはいないだろうか。
作曲は五線紙さえあればどこでもできるようになる。
とはいっても、フルオーケストラのスコア譜がかけるほどの技術は必要ない。
ポピュラー音楽においては「メロ譜」と呼ばれる楽曲の「メロディ、コード、構成」が読み書きできるスキルでまずは十分である。
なによりも有利なのは頭に曲が浮かんだときに「メロディとコード=作曲の根幹要素」を同時に記録できるということだ。
ボイスメモやスマートフォンアプリ等を使うよりも断然に正確で情報量が多い。
メロディだけボイスでメモって「これの伴奏はどうだったっけ?」と忘れてしまうことには決してならないのである。
また、レコーディング現場、ボーカリスト、ギタリストとのやり取りにおいて楽譜は必須のアイテムになっている。
特に最近主流になりつつあるネット上でのボーカリストとのやり取りにおいては歌詞を記した楽譜を要求されることがとても多い。
最初の作曲を始めたての頃や自己流で音楽を作っているうちは楽譜を必要とすることは少ないのかもしれない。
しかし、一定レベル以上のエリアでは楽譜のスキルが身についていないと業務上命取りとなることが非常に多いのでなるべく早いうちに習得されることが望ましい。

 

五線の構造

「五本の線」で表された各部所には以下の名称が付いている。
五線の構造
加線・・・五線に書ききれない高さの音を表すために水平線を追加して表す。

五線譜

 

鍵盤の構造

五線譜は「鍵盤」と完全対応している。
五線譜は鍵盤演奏を記録するために発達したと行っても良い。
まずは五線譜の理解に鍵盤構造を確認したい。

鍵盤の構造

音楽で使われる音の数は上記の12個しか無い。
この内、Major Scaleと呼ばれる構造で並ぶ7つの白鍵、Major Scaleの構造上全音(半音2個分)部分の間に挿入される5つの黒鍵部分に分かれる。

そして、主要な白鍵部分をベースに「音名」が定められている。黒鍵部分については後に述べる。

 

鍵盤の名称

 

音の名称について

音楽理論では英語表記が基本だがイタリア語も良く使われる。日本語も交えてここに記す。

音名の表記

注) クラシックで使われるドイツ音名では「(独)B=(英)B♭」「(独)H=(英)B」となり、混乱をきたすのでポピュラー音楽理論等では使われない。

この12個の音が1グループになり連続で繰り返されて鍵盤楽器は成り立っている。
同じ音名の上下関係を「オクターブ」と呼ぶ。周波数で倍数関係にある。

オクターブの関係

 

音部記号~ト音記号(G-clef) ヘ音記号(F-clef)

五線譜で音の高さの基準を定めるのに音部記号がある。楽器によって様々な音部記号があるが、高音部(トレブル:Treble)を表すト音記号と低音部(バス:Bass)を表すヘ音記号が最も良く使われる。

ト音記号:第二線を「G3」の音と定める。(通常はオクターブを示す数字は省略する)

ト音記号

ヘ音記号:第四線を「F2」の音と定める。主にベースやピアノの左手部分の表記に用いる。

ヘ音記号

 

五線譜と鍵盤の関係

基本、五線譜は鍵盤を縦にした白鍵部分に対応している。

五線譜と鍵盤の関係

鍵盤を縦にしてみると五線譜の上下と対応するのがわかる。
#や♭を使わない限り五線譜上の音符はすべて白鍵を示す。
音楽で一番使われる音階「Major scale」が鍵盤の「白鍵」部分にあたる。
五線譜の上下の高さは白鍵を基準にした配列になっている。
鍵盤を縦にした状態が五線譜になるとも言える。
よって、理論を習得するには鍵盤で音を出して確認するのがわかりやすい。

 

 

鍵盤と楽譜の位置対応

鍵盤と楽譜の位置対応

音の高さは異なるがこれらはすべて「C (ド)」の音である。
詳しく音の高さまでを示すのに数字を用いて「C2」などと表記する。
この関係を「オクターヴ」という。
C2~C4の関係は2オクターヴになる。