Scale tone motion

日本語で言えば「音階的な音の動き」。
すなわち、Diatonic 7th chord上でとなりに移動する進行のことです。

※重要

スケールトーンモーション時にはトライトーンをなくすことが必要。

トライトーンを含むV7はIへ、VII∅7はIII7へ進行するエネルギーが強く、その他のコードへ進むと違和感が発生します。
そこでトライトーンを含むⅤ7とⅦ∅7は変形する必要があります。
また、Ⅲm7も変形して用いられることがあり、変形されたコード群をバリエーションコードと呼びます。
なお分数表記のコードは分母=ルート 分子=和音(コード)を示しいています。

10-1
10-2-min

Tips:6コードとsus4コード

6コード

メジャートライアド、もしくはマイナートライアドにM6を足したコード。
構成音でみるとG6=Em7となるが、ルート(Bass)の位置が異なることでコードそのものが違うということが大事です。

10-3-min

sus4コード

本来M3のものが一時的にP4が使われているコード。
この時のP4をsus4と呼びます。
sus4は日本語で「掛留音」とよばれ、前のコードのm7音がそのまま引きずられて持ち越された音です。
基本的には本来のM3を持つコード型に解決します。
(単独のコードとして用いてもかっこいい)

10-4

D7CではIsus4とVsus47があります。
なおIsus4△7はトライトーンが作られるので流派によっては認めていません。
sus4を用いると独特の解決が遅れる感覚が発生します。
Vにおいては積極的にsus4サウンドを用いたほうがかっこよくなります。

 

なお、VII∅7からの絶対進行先であるIII7にもsus4を用いることができます→IIIsus47

Scale tone motionを使ったコード進行

ex.1 (Ⅳ-Ⅲ-Ⅱ-Ⅰ)

10-5

ex.2 (Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ)

10-6

Em7→C/E  G6→Gsus47 , C/G の使用も可能。

※スケールトーンモーション下行形

10-7

沢山のヒット曲に使われる非常に重要な進行
この進行はカノン進行(バロック期の代表曲:パッヘルベルのカノン)のベースを変化させたものとも見れる。

カノン進行

10-8-min

下行形のマイナーヴァージョン

10-9

コード進行の構築においては循環コードを基礎として、Diatonic dominant motionとScale tone motionを用いて発展させればまず違和感のないコード進行になるはずです。
もしも、この手法で違和感が発生するとしたら「メロディのストーリーとコードが違う」「コードの時間軸上の配置が狂っている」ことが原因に考えられます。