Skip to content
LogicPro&サウンドテキスト第1回

LogicPro&サウンド

第1回

1:Logic Proのセットアップ・音楽の「音」

初めての音楽制作をLogic Pro Xで行うための基本的な知識として、初期設定や操作方法、音楽制作において重要な音の成り立ちや役割について、図解やチャートを交えて説明しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第2回

LogicPro&サウンド

第2回

2:サウンドの組み立て作業・音の実態

PC上での楽曲制作の基本要素である打ち込み・録音・素材貼り付けの基礎知識として、DAW上で取り扱うデータの形式、トラック(チャンネル)のパラメータ、波形などについて説明しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第3回

LogicPro&サウンド

第3回

3:リージョン編集・チャンネルストリップ・エフェクター

Logic Pro X上で取り扱うファイルの管理方法とともに、制作作業で取り扱うアレンジウィンドウ、ミックスウィンドウなどの操作画面について、実際の画面を用いながら図解しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第4回

LogicPro&サウンド

第4回

4:MIDI編集・オシレーターとフィルター

DAW上でMIDIを扱うための機能や操作方法について、Logicを例にして説明しています。打ち込む音色のパラメータの基礎知識として、オシレーターとフィルターについて説明しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第5回

LogicPro&サウンド

第5回

5:コントロール情報とピッチベンド・ADSR

MIDIを扱う上での基礎知識として、MIDIによって制御されるパラメータ(MIDIコントロール)のうち重要なものを踏まえ、関連するシンセサイザーのADSRについても説明しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第6回

LogicPro&サウンド

第6回

6:ステップエディタウィンドウ・LFO

Logic Pro XにおけるMIDIオートメーション機能「ステップエディタ」について、特有の活用方法を踏まえつつ、LFOによるモジュレーション(音色効果)とともに説明しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第7回

LogicPro&サウンド

第7回

7:PWM・ノイズとフィルター・歪み系エフェクト

これまでに学んだシンセサイザーのパラメータを駆使した実践的なサウンドメイクについて、パルスウィズモジュレーション(PWM)、フィルターの自己発振現象などを踏まえて解説していきます。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第8回

LogicPro&サウンド

第8回

8:Apple Loopsの活用

Logic Pro X付属のループ音源(Apple loops)を例に、音素材を用いる実践知識として、波形編集やサンプリング、各種エフェクターによる音質処理について説明しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第9回

LogicPro&サウンド

第9回

9:オシレーターへのモジュレーション・サンプラー

アナログシンセの「オシレーターにオシレーターでモジュレーションを掛ける」定番テクニックとともに、アナログシンセサイザーから発展的に生まれたサンプラーの仕組みについて説明しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第10回

LogicPro&サウンド

第10回

10:デジタルシンセサイザー・物理モデル音源

物理演算技術を応用した「物理モデル音源」、複数の波形データを連続的に再生する「WaveTable」の各デジタルシンセサイザーの方式について、メカニズム、特色や利点を説明しています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第11回

LogicPro&サウンド

第11回

11:トラック・MIX/マスタリング

これまでに学んできた音源やエフェクターの知識を踏まえつつ、ストリングスなど4リズム以外の部分を含めたトラックメイク・ミックス・マスタリングを実践する上で重要な知識をまとめています。

続きを読む
LogicPro&サウンドテキスト第12回

LogicPro&サウンド

第12回

12:Masteringに使うエフェクト

複数の楽曲間のバランスを整えてひとつの音楽商品にする「マスタリング」を実践する上での知識として、その前準備である2MIXの作成方法、作業に用いるエフェクターを踏まえ説明しています。

続きを読む

アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。