Skip to content
Logic Proとサウンドの基礎 一覧に戻る
2021年3月 29日

6:ステップエディタウィンドウ・LFO


ステップエディタウインドウ

LogicProには演奏情報以外のMIDIデータ、主に連続したデータの作成に便利なステップエディタウインドウがあります。

レーン・・・定義されたデータの列です。
コントロール情報の一つやノートナンバー等を指定できます。

レーンインスペクタ・・・レーンの詳細定義、情報が記されます。

ステップエディタウインドウでのデータ作成上の技と注意

ステップエディタウインドウを用いると便利な場面を幾つか上げておきます。

連続したデータを入力する。
鉛筆ツールでレーンをなぞるだけでグリッドに沿ったステップが連続に作成されます。

直線変化のデータを入力する
描画ツールを用いて入力後、ポインタツールで改変できます。

注)データの選択と移動
ステップエディタウインドウは他のウインドウとデータ移動等の挙動が異なります。
これらは必ず「Shift」ボタンを押しながらの操作になります。

データの選択
「Shift」ボタンを押しながらドラッグまたはクリックでデータ選択します。

データの移動とコピー
「Shift」ボタンは押しながら→一旦「option」を押すとデータを移動できます。
「option」を押しながら→データがコピーされる
「option」を離してから→データが移動される

*異なるレーンにデータを移動させることもできます。

ボリュームフェーダーなどに階段状のデータ入力が必要な時に使用する

MIDIドローなどでのデータ作成ボリュームやピッチベンドなどデータ種によって階段状のデータ入力が基本できません。
その時にステップエディタウインドウを用いると階段状変化のデータを入力できます。

【裏技】ドラムデータ入力にステップエディタウインドウを使う

レーンセットに「GMドラムキット」というプリセットがあります。
これは、ドラムデータセット用のテンプレートで、ハイハットやスネアフィル等、連続したデータの入力に最適なプリセットウインドウです。

レーンセットはデフォルトは「MIDIコントロール」となっています。
自分のよく使うデータレーンを独自に登録することもできます。

ドラムデータをステップエディタウインドウの「GMドラムキット」レーンセットで表した図。

各データ入力時に、一定の固定値データを入れたい場合は「値を固定」にチェックを入れます。

アナログシンセサイザー③

LFO(ローフリケンシーオシレーター)

別名:モジュレーションジェネレーター(MG)

周期的な変化を加えるモジュール

LFOのインターフェース

LFOは直訳すると「低周波発生装置」耳に聞こえないくらいの低い周波数を発生させて、アサイン先を変調(モジュレーション)させます。
おおむね0~20Hz程度のが主流です。
これをもっと周波数を高くして(周期を速く)可聴域(要するに「音」)で変調すると複雑な倍音を持ったシンセ特有のアグレッシブな音になっていきます。

ビブラート

音に周期的な変化を加えるものがLFOです。
一番一般的なのは「ビブラート」でしょう。
ピッチ(音高)に対してLFOをかけるとビブラート効果を得ることができます。

LFOの効果は[wave]と[rate]で決まります。
変化させる形(波形)をwaveで、変化速度をrateで決めます。
ビブラートならば波形を三角波かサイン波、rateを5~7Hz(一秒間に5~7回の繰り返し速度)、変化幅の値を20~30cent(100cent=半音)程度に定めると気持よくビブラートがかかります。

LFOでの主な他の効果例

フィルターにかける:スイープ/ワウワウ
アサイン先→Cut Off(フィルター) 波形=三角・サイン波
ゆっくりとフィルターが開いたり閉じたりする音は「スイープ音」と呼ばれ、シンセサイザーのパッド系、ストリングス系音色の定番になっています。
レゾナンスを上げておくとかなりインパクトのある音になります。
これの速度を早めるとワウワウ(WOWOW)と呼ばれるギターでお馴染みの効果になります。

アンプリファイアにかける:トレモロ
アサイン先→Amp(Volume) 波形=三角・サイン波
エレピやビブラフォンで有名なトレモロは音量を周期変化させて効果を得ます。
この時、自由度の高いシンセならばPanにもシンクロで左右に振ってかけてあげる(Auto Panともいう)とより効果的になります。

ピッチにかける:種々の効果音
波形を三角・サイン波以外に変えることでビブラートの他に様々な効果音が得られます。
アサイン先→オシレーター(ピッチ)
波形=パルス波:救急車などのサイレン音。
パルス波のデューティ比を変えられればウルトラマンのカラータイマーの音になる。
波形=ランダム:レトロフューチャーで描かれているコンピューターの音

フィルター(Cut Off)にランダム波形
16beatでシンクロさせると面白いリズムコードが刻める。

[Tips]パッチ式モジュラー型シンセサイザー

LFOはADSRのようにアンプへ直結先が決まっているものではなく、必要に応じアサインして使用します。
アサインできるモジュール先はシンセの機種ごとに異なります。
このよう にモジュールを繋ぐ(結線)することをパッチング(パッチ)といいます。
通常のシンセサイザーでは予め内部で結線されていて、アサイン先も半固定になっているものがほとんどです。
これはシンセサイザーの構造を完全に理解していなければパッチングがほぼ無理だからです。
一方、自由自在にパッチできるタイプのものは各モジュールが独立していて、予算や目的に応じてモジュールをカスタマイズして購入することができました。
初期シンセサイザーはほとんどがこのモジュラー型で後にLive等で持ち運びができる ようにと内部結線型のシンセへと発展しました。

MOOG IIIc
モジュラーを繋がなければ音は出ない

KORGのMS-20などは基本ラインは内部結線で必要に応じてモジュールをパッチで組み替えられる半パッチ式を採用して低価格ながら自由度の高いシンセサイザーとして人気があります。

[Tips]サウンドのキモ!
打ち込み系音楽の特にTechno、Trance系、アンビエントなどでは常に音が「変化している」「動いている」というスタンスでサウンドメイキングをするのが効果的です。
単純なフレーズでも音に動きを付けることで飽きのこないサウンドに仕上げることができます。

特にフィルターのCut Off、パンニングをLFOで動かす、モジュレーション系のエフェクトでゆっくりとうねらすというのは定番のサウンドスキルです。

Modulation系エフェクト①

ディレイでDelayTimeを極短時間で設定すると音の波形の一部が打ち消し合います(干渉波)。
このDelayTimeをわずかに動かすと打ち消す部分がずれていってジェットサウンドのような「うねり」が出ます。
この「うねり」を生み出すエフェクト群をModulation系エフェクトといいます。
主に、フランジャー・コーラス・フェイザーが有名です。

フランジャー・コーラス
「ディレイで本僅かに遅らせた音を混ぜてうねりを生み出す」共に原理は同じです。
この聞こえ方の違いで「フランジャー」と「コーラス」に言いわけます。

フェイザー
フランジャーと似た効果だが原理が異なり音の方向性も違います。
フランジャーがディレイ回路で原音に混ぜて干渉波を生み出すのに対して、フェイザーはオールパスフィルターで位相をずらし原音と混ぜて干渉波を得ます。
フランジャーが金属的、ジェットサウンドナノに対して、フェイザーはスペーシー、神秘的な響きになります。

Modulation系エフェクトの使用例

フランジャー
ノイズ系、topper系Loop、シーケンスフレーズ、
パワーコードギターなど
コーラス
Pad系全般、エレピ、カッティングギター、アンサンブル効果
フェイザー
シンセストリングス系、Pad系、ノイズ系、topper系Loop
ステレオ効果
リフやシーケンスフレーズのように淡々と繰り返すフレーズのときに、モジュレーション系のエフェクトを浅くゆっくりとかけてあげるとステレオの広がりが得られる。


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。