Skip to content

サウンド/トラックメイキング Mix/Mastering【中級】 一覧に戻る

2021年3月 29日

3:MS-Mixと特色


第1回目の「MSマイクセッティング」p.5で説明した「Middle信号」「Side信号」成分を独立して調整し、再度LR状態に戻してMix/Masteringを施す方法です。

通常では2mix音源に対してMS分離を行います。
また、応用的には後述するStemMixにも用いられます。
「Middle信号」「Side信号」成分の特色を理解した上で、各々の調整を行うのは非常に高度な技術を要しますが、適切な処置を施すと劇的な効果が得られます。
特に音圧部分に関して言うとLR-Mixでは到達できない超高音圧を実現させることが出来ます。

Middle信号とSide信号

通常のLR音源から「Direction Mixer」を通じてMSに分離できます。
この時、L=Middle信号、R=Side信号となります。

通常のLR-Mix/Mastering処理した音源と、MS分離後の音源を見比べてみると、Side信号にはまだマージンが残されていることがわかります。

通常のLR信号

MS信号

LR信号とMS信号の比較

LogicProのミキサーでMS−Mix処理を行う

外部サードパーティ社製マスタリングプラグインなどを使わずに、LogicProミキサー内でのBus応用操作によりMS-Mixを実現させることが出来ます。

ワークフローは以下のとおりです。

  1. 元のオーディオトラックから「Mid信号用」と「Side信号用」のAuxチャンネルストリップへ、各々Sendにて0dBで送る。
  2. 元のオーディオトラックは出力をOFFにする。
  3. 「Mid信号用」→Direction MixerをMSモード、Panを真左、OutをBusに設定(Bus−aとする)
  4. 「Side信号用」→Direction MixerをMSモード、Panを真右、OutをBus-aに設定
  5. Bus-a→Gainを挿入:+6dBに設定、Direction MixerをMSモード、これで通常のLR信号に戻る

1. 元のオーディオトラックから「Mid信号用」と「Side信号用」のAuxチャンネルストリップへ、各々Sendにて0dBで送る。

2〜4.
元のオーディオトラックは出力をOFFにする。

「Mid信号用」→Direction MixerをMSモード、Panを真左、OutをBusに設定(Bus−aとする)
「Side信号用」→Direction MixerをMSモード、Panを真右、OutをBus-aに設定

5. Bus-a→Gainを挿入:+6dBに設定、Direction MixerをMSモード、これで通常のLR信号に戻る

「Gain」を挿入して6dBに設定する理由
MiddleチャンネルとSideチャンネルが左右目いっぱいに振られているために、聴感補正で-3dB減衰されています。
それをもとに戻すためにGainにて+6.0dBに増幅する必要があります。

MS-Mixの特色

MS-Mixは、LR信号ではコントロールが難しいSide信号の直接処理ができます。
よってステレオイメージを最大限活かしたMixが可能になります。
また、Side信号のマージンを有効活用することでLR-Mixでは得られない音圧を稼ぐことが出来ます。
これらの特色を活かすためにはMiddle信号とSide信号、各々の特徴をつかむことが重要です。

Middle信号の特徴
リズム隊の中心音域成分(低域〜中低域)と、ソロ・ボーカルパート等メインパートが集まる。
空間系エフェクト、特に残響成分は少ない。
ビートのボディ感を活かしたコンプが有効。

Side成分の特徴
コード隊からString/Brass系、FX系などパートが左右に散らされている成分が多い。

特に金物やNoise成分、空間系、Modulation系などの中域〜高域成分が主体。
ビートのアタック感を活かしたコンプが有効。
時々必要となる超低域成分をSideに散らすことでMiddle成分の圧迫を軽減させることが出来る。

Mix方法のジャンル別対応の一般論として

アンプラグド・アコースティック系〜通常のポップスなど、ナチュラルイメージのジャンルに関してはLR-Mixを用いたほうが良い結果が得られることが多いです。
MS-Mixが特にその効果を発揮するのはハードロック・ヘヴィメタル系、エレクトロ系全般など、アーティフィシャルなサウンドイメージのときです。


音楽制作プロセス講習説明会オンライン開催

DAWの仕組みやDTMの流れを、未経験者でも分かりやすいように解説した説明会を開催しています。

DTM/DAW入門 作曲・音楽制作入門 作曲実践体験 個別カウンセリング

                   詳細と日程を確認する