Skip to content
音楽理論2 一覧に戻る
2021年6月 2日

7:Real minor scaleの世界④


Advanced chord progressionをキーボード練習など実践することで、その意味も効果もより身につきます。
その多くは定番的な技法【Tips】として使われます。
具体的に示して説明します。

【Tips】Alteredは半音下のメジャー系コード、Lydian7thは半音下のマイナー系コードへ進行

あくまでも基本形なので、これを逆に使う場合もよくある。

Altered dorian(r.mVI)とLydian♯5(r.mIII)

Real minor scale systemでは圧倒的にAltered(VII)とLydian7th(IV)が使われます。
現時点においてはあまり使われることのないその他のスケールですが、使い方のツボを押さえられればとても効果のあるスケールに、Altered dorianとLydian♯5があります。
この二つのスケールはポジションとしてトライトーン離れており、不完全ながら代理関係にあります。
まずはそれぞれのスケール確認をしましょう。

不完全代理のAltered dorianとLydian♯5
Altered dorianとLydian♯5は代理関係にありますが、代理の一般定義「ルートがトライトーン離れたドミナントコード同士」には当てはまりません。
またø7、+△7と互いにコードクオリティも違い、特殊な代理関係といえます。
しかし、実践上はおおむね「置き換えと進行の同時選択」が可能です。
これら二つのスケールは使用頻度ではかなり低いですが、後述するそれぞれのスケールの使い方から、積極的に使ってみるととても面白いサウンドが得られます。

Altered dorianの使い方
まずは名前に注目してください。
全く「Dorian」と似つかないスケールなのにこの名前が付いているのは「II-V」の「II」というイメージが有るためです。
実践ではD7CのIIm7とセカンダリードミナントのII-V化での「II」で使われます。
また、対応コードがø7なので、D7CのVIIø7と借用で用いられるø7コードにも適応できます。

Lydian♯5の使い方
名前にはLydianが付いていますが、響き的にやや似ているAlteredの代わりに使われることが多いです。
もちろん△7コードからの変化形で+△7と使われる部分もありますが、あまり多くはありません。
この場合P5→+5の内声クリシェを作ります。
そしてAltered dorianの不完全代理としての用法があります。
また、特筆すべき点として、m7コードのルートを半音下げると+△7となり、このChromatic motionもよく使われます。

【7Ex-etude2】

【7Ex-etude3】

【7Ex-etude4】


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。