Skip to content

メロディ構築術・作曲技法 一覧に戻る

2021年3月 27日

11:システマティックメロディ・ポリリズム


システマティックメロディ

あるフレーズ型を基に伸縮、反転、相似形など幾何学的に変化させたメロディです。特に メロディの時間軸を変化させて作ると、フレーズの反復による覚えやすさに加え単純な繰り 返しをも防げる高い効果があります。

【Ex-1】

単にフレーズを伸ばすだけでなく、スタートポイントをずらす、シンコペーションを意識 する、反転要素を取り入れるなどでバランスの良いメロディになります。

ポリリズムの導入

ポリリズムとは「複合拍子」の意味です。通常の拍子とは異なる拍子のリズムを混在させ ます。一番用いられるのが4/4に3/4の要素を取り入れる手法です。

[参考例] iRoid to be loved ―K-MASERA―
(1:06~)

同じメロディを転調させてサビにする

結構な飛び道具的技法です。同じメロディでも転調させることで全く違う雰囲気に仕上げ ることができます。特にメジャー㲗マイナーの変化は大きな場面転換となります。

【Ex-3】

【Ex-4】

【参考楽曲】
システマティックメロディ
「思い出に間に合いたくて」松任谷由実

ポリリズムメロディ
「思い出に間に合いたくて」松任谷由実
「Listen to my heart」BoA

同メロディ転調
「Self-portrait」坂本龍一
「Resistance」TM Network


音楽制作プロセス講習説明会オンライン開催

DAWの仕組みやDTMの流れを、未経験者でも分かりやすいように解説した説明会を開催しています。

DTM/DAW入門 作曲・音楽制作入門 作曲実践体験 個別カウンセリング

                   詳細と日程を確認する