音符とリズムの関係、拍と譜割り・シンコペーションについて | 特定非営利活動法人ミュージックプランツ | 音楽制作・作曲・DTMを支援する会 Skip to content
メロディ構築術・作曲技法 一覧に戻る
2021年3月 27日

3:符割とシンコペーション


五線譜の基礎2 符割

1.拍をまたぐ長さの音に注意する

音符の書き方 拍をまたぐ

2.拍で音を切り、タイで繋げる

音符の書き方 音符は拍をまたげないので、拍頭の位置に新たに音符を置いてタイでつなげる

3.音を音符で置き換える

音符の書き方 連桁 1拍ごとに音符をグループにまとめる

4.グルーピングで完成

音符の書き方

 

1拍目から始まった長い音は2〜4拍目のポイントをまたげる。

音符の書き方 長い音の書き表し方

2拍目から始まった音は3拍目をまたげない。

音符の書き方 2拍目から始まる音符は3拍目をまたげない

3拍目から始まった音は4拍目をまたげる。

1拍目の拍頭スタートの音符はすべてまたげる 3拍目拍頭スタートの音符は4拍目をまたげる

シンコペーション

拍頭(On Beat)以外のポイント(Off Beat Point)からはじまる音符が、On Beat Pointをまたぐ等のリズムでアクセントを感じさせること。
通称、強拍の移動。
洋楽のメロディ、とくにソウル系、AOR、ブルース、ブラックコンテンポラリー系の音楽によく見られる。

メロディ構築実践1

etude-1 4小節(✕2)
メロディ使用音符 C D E F G
コード進行 循環コード

メロディー実践練習 コード進行

etude-1 8小節(✕2)
メロディ使用音符 C D E F G
コード進行 循環コード

etude-1で使ったモチーフ・フレーズをなるべく維持して8小節(✕2)に展開する。

メロディー実践練習 コード進行

etude1_4bar example

メロディーの作り方 例

etude1_8bar example

メロディーの作り方 例 16小節


【9/18開催】オリジナル楽曲アドバイスオープンセミナー

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。