Aメロ・Bメロ・サビの構造要素と展開による作曲方法の概要 | 特定非営利活動法人ミュージックプランツ | 音楽制作・作曲・DTMを支援する会 Skip to content
メロディ構築術・作曲技法 一覧に戻る
2021年3月 27日

8:楽曲の構造要素・ストーリー作り


楽曲の構造要素と構造パターン①

ワンコーラスの構造は「A-B-サビ」となるものが最も典型的です。この他にも「A-B-A」 や「A-サビ」なかにはもっと複雑な構造を持つものがあります。
この[A][サビ]などを「セクション」「リハーサルNo.」などと呼びます。
楽曲作り、アレンジメントにおいて全体構造を考えることはとても重要です。
既存楽曲の構造を解析し、多くの構造パターンを蓄えておくことはアイディアの源泉になります。

[参考例] iRoid to be loved ―K-MASERA―

メロディのストーリー作り

一般的な「3rd-7th」メロディやアッパーな「5th中心、テンションリゾルブ」のメロディ、もしくは力強い「R-3rd」メロディなど、コードに対するメロディのインターバルポジションで印象は大きく変わります。
これに加え、もう少し長い時間軸でのコードに対する平均的なメロディポジションを考察します。

パラレルとアンチパラレル

メロディが十分動いているように聞こえていても、コードに対してインターバルがほぼ同じに動くものを「パラレルメロディ」と言います。
非常にポピュラリティの高い「覚えやすい」メロディ型ですが「陳腐・ダサい」ともなりやすく、このバランスを考慮してコントロールするべきメロディ型と言えます。
ポイントとしてScale tone motion下降系パラレルにすれば「哀愁感」、Scale tone motion上行型パラレルでは「高揚感」が生まれやすく、Bメロの部分やサビ前の助走などに使うと効果的なことがあります。

この形に逆らう動きになるのが「アンチパラレル」のメロディです。特にScale tone motion型でメロディのポイントを維持、もしくは逆行ベクトルにするとコードとメロディとの対比が生まれ、非常に印象深いメロディを構築することができます。

Diatonic dominant motion
パラレルメロディのイメージ
アンチパラレルはインターバルが変化していく

Scale tone motion下降系
パラレルメロディのイメージ
アンチパラレルはベクトルが水平、もしくは逆行する

etude5
Scale tone motion下降系でのパラレルメロディとアンチパラレルを書き分ける。その際 テンションリゾルブを要素として盛り込んでみる。
パラレル型

アンチパラレル型


【9/18開催】オリジナル楽曲アドバイスオープンセミナー

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。