バンド音楽のサウンド区分とオーケストラ編成について | 特定非営利活動法人ミュージックプランツ | 音楽制作・作曲・DTMを支援する会 Skip to content
音楽一般入門(楽器とアンサンブル) 一覧に戻る
2021年3月 26日

4:バンドアンサンブル・オーケストラ編成


バンドアンサンブル系のサウンド変化

アンプラグドからHard Rock/Heavy系まで

バンドアンサンブルにおいては4Rの各パートの音色によって、サウンドジャンルの変化が生まれます。
最もおとなしいアンプラグドから過激なHeavy系までは、主にサウンドに「歪み」をどの程度加えていくかによって変わっていきます。

バンドアンサンブルのサウンド変化一覧

ポピュラーにも使うオーケストラ編成の基本

オーケストラ楽器は、アレンジ方向によってはポピュラー音楽でその一部がよく使われることがあります。
基本部分を押さえておきましょう。

ポピュラー音楽で標準的に使われるパート構成

ストリングス・・・弦楽器の総称です

  • バイオリン1

  • バイオリン2

  • ビオラ

  • チェロ

ポピュラーアレンジでは最低音部のコントラバスはあまり使われません

ブラス・・・管楽器のうち金属(真鍮=ブラス)の胴部分を持つものを言います

  • トランペット1

  • トランペット2

  • トロンボーン

  • アルトまたはテナーサックス

音域

各楽器の音域


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。