Skip to content
DAW/MAC入門 一覧に戻る
2021年3月 19日

4:Logic Proのインストールと設定


(ご案内)ミュージックプランツの会員内では、現在記載の情報に留まらず常に最新の情報を共有しています。

DAWについて

DAWとは「デジタルオーディオワークステーション」の略語です。

  1. 演奏打ち込み/MIDIデータ編集

  2. オーディオ録音/オーディオファイル編集

  3. トラックのサウンドメイキング/MIX

以上の3つの機能を併せ持つものを言います。

Macには、購入時にインストールされている初心者向けのDAW「GarageBand」があります。
初心者向けとは言え、必要十分以上の音源、編集機能が揃っています。
プロ向けのDAW「LogicPro」購入前には、GarageBandに触れてみることをお薦めします。

LogicProについて

Appleのプロ向けDAWソフトがLogicProです。
音楽制作に必要な「音源」「プラグインエフェクト」「オーディオ編集」「ミックス/マスタリング」機能が完璧に揃っています。
数々の追加音源やプラグインエフェクトがサードパーティ社から製品が出ていますが、LogicProではそれらの追加購入をする必要はほぼありません。

ここ4年ほど(現在2020年)は、ほぼ毎年1回づつのメジャー級アップデート(小数点第1位)
が行われており、そのたびに音源、Loop、エフェクトの追加、その他の機能が無料で提供されます。

GarageBandについて

LogicProの簡易版がGarageBandです。
各音源やプラグインエフェクトの数が減っており、自らが操作できる項目が減らされています。
また、編集機能も高機能な詳細メニューが省かれており簡素化されています。
しかし、音源やプラグインエフェクトのオーディオエンジンは全くLogicProと同等で、生成されたサウンドクオリティはLogicProと変わりありません。

LogicProでの音楽制作の流れ

LogicProでの音楽制作の流れ

Logicのインストール&SetUp

インストール

LogicProはダウンロード販売のみです。
以下のダウンロードサイトから購入します。

  • アップルのホームページ>Mac
  • プロ向けアプリケーションからLogicProを選択
  • またはAppStoreからLogicを検索

上記購入ダウンロードサイトから購入後インストールします。

LogicProのインストール

最低システム条件

  • macOS 10.14.6(macOS Mojave)以降

  • 最小構成のインストールには6GBのストレージ空き容量、サウンドライブラリ全体のインストールには72GBのストレージ空き容量

LogicProのマニュアル

LogicProが9から10(X)にバージョンアップした当初から2015年ころまでは、iBooksに
てまとまったPDFマニュアルが入手可能でしたが、度重なるアップデートの機能追加により、Logicのヘルプに全てまとめられて表示されるようになりました。

LogicPro ヘルプメニュー>「Logicヘルプ」にてマニュアルを表示ができます。

LogicProのマニュアル

クイックヘルプ

操作に馴れるまでは、クイックヘルプを使用することをお勧めします。
ポインタ部分の機能を簡易説明表示してくれます。

クイックヘルプ

クイックヘルプのサンプル

追加コンテンツのダウンロード

LogicProのインストールは簡易パックのみになります。
インストール後に追加コンテンツをダウンロードします。
追加コンテンツは膨大な量(約72GB)にもなりますので十分な時間の余裕を見てください。
作曲作業中にもバックグラウンドで行えますがパフォーマンスが落ちることがあります。

追加コンテンツのダウンロードはサウンドライブラリマネージャを開きます。

サウンドライブラリマネージャ

「インストールされていないコンテンツをすべて選択」をクリックしてインストールします。

サウンドライブラリのインストール

Logicは小数点以下のアップデートの際にも新しく音源が追加されることが良くあります。
LogicPro9からLogicProへのバージョンアップ以来で約40GB強の音源ライブラリとAppleLoopsが追加されています。
これら音源やライブラリは随時進化しているのでまず、サードパーティ製の音源やエフェクト等は購入しなくても、LogicProの標準装備の音源/プラグインにてほぼ全てまかなえます。

詳細ツールの設定

最初のLogicPro起動時にはガレージバンドからスムーズに移行できるよう詳細な機能が省かれています。
LogicProすべての機能を有効にするには詳細ツールを設定します。

詳細ツール

LogicProの簡易モード

詳細ツール全表示設定

「すべて有効」にチェックを入れます。
これでLogicPro全機能が使えます。


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。