Skip to content

DAW/MAC入門 一覧に戻る

2021年3月 19日

3:Macの操作方法(Finder・書類の作成編集等)


Finder操作

アプリケーションや種々の書類やフォルダの作成、管理を行います。

キーコマンド(ショートカットキー)

作業の効率化のためにショートカットキーを覚えることはとても重要です。
各種メニューの右端にショートカットキーが表示されます。
組み合わせに用いられる修飾キーの記号も覚えてください。

キーコマンド

キーコマンド配置

ツールバーをカスタマイズ

上部のツールバーをカスタマイズできます。
種々の動作などの効率化ができます。

ツールバーのカスタマイズ

サイドバーへの登録

サイドバーにはよく使うフォルダを登録して素早くアクセスすることができます。

サイドバーの登録

書類の作成と編集

アプリケーションを開く

アプリケーションの開き方はいくつもあります。
自分にあった方法を見つけてください。

• アプリケーションフォルダ
[Shift⌘A]からアプリケーション本体をダブルクリック

アプリケーションフォルダ

• Launchpad[F4]を開いてアプリケーションをクリック
Launchpadボタン

Launchpad画面

• Dockに登録してアプリケーションをクリック

アプリケーション「テキストエディット」を使う

書類の作成と保存の練習にテキストエディットを使います。

テキストエディットアプリ

でたらめでいいので文字の羅列を入力します。

文字の羅列

アプリケーション操作の基本:選択方法[重要]

アプリケーションの操作は「何かを選択して編集」することが大部分を占めます。
これはDAW操作でも同じです。
Macについては基本操作がほぼ共通になりますので、まずは各種選択方法を覚えます。

部分選択

対象箇所部分をドラッグ[クリック保持でマウスまたはトラックパッド上の指を動かす]

部分選択

全選択

対象箇所の外部から全てをドラッグで囲う
ショートカットキー:⌘A

連続選択

部分選択から「Shift」を押しながら延長部分までをクリック。
再クリックで選択部分が解除されていきます。

不連続の部分選択

「コマンド⌘」を押しながら部分選択を繰り返していきます。

不連続の部分選択

コピー&ペーストとカット&ペースト

同じデータを繰り返して用いる時に使います。
この時、データは一時的に「クリップボード」という隠れた保管場所に格納されます。

コピー&ペースト

コピーしたい部分を選択し「⌘C」
貼り付けたい部分にカーソルを合わせ「⌘V」
「⌘V」を繰り返せばコピーが繰り返される

カット&ペースト

カットはコピーと違いデータがその場所から消えてクリップボードに格納されます。
カットしたい部分を選択し「⌘X」
貼り付けたい部分にカーソルを合わせ「⌘V」
「⌘V」を繰り返せばコピーが繰り返される

【重要】もう一つのコピー&ペースト

部分選択をし、目的の位置までドラッグをします。
そのまま手を離せば単なる「データの移動」ですが、この時「⌥(オプション)を押しながら離す」と「データがコピー」されます。

書類の保存

新規書類は「名称未設定」となっています。
この状態ではまだ保存が完了していません。
書類に名前をつけることにより保存されます。

書類の保存

「最初にMacの指示する場所」へ保存されることを奨めます。
もっとも整理整頓がはかどります。

書類の「バージョン」

書類の「保存」を繰り返し行うことで、その時点の「バージョン」記録を重ねて保存させることができます。
バージョンを戻すことによって過去の状態に復元させることが容易にできます。

書類のバージョン

主なショートカットキー一覧

コピー ⌘ + C
カット ⌘ + X
ペースト ⌘ + V
全選択 ⌘ + A
部分選択(連続) Shift + クリックまたはドラッグ
一部選択(不連続) ⌘ + クリックまたはドラッグ
画面を閉じる ⌘ + W
アプリケーションの修了 ⌘ + Q
コピー&ペースト別方法 コピー元を選択→目的の位置まで
ドラッグ→optionを押しながら離す
別名で保存 Shift + ⌘ + S
やり直し(undo) ⌘ + Z
やり直しのやり直し(redo) Shift + ⌘ + Z

音楽制作プロセス講習説明会オンライン開催

DAWの仕組みやDTMの流れを、未経験者でも分かりやすいように解説した説明会を開催しています。

DTM/DAW入門 作曲・音楽制作入門 作曲実践体験 個別カウンセリング

                   詳細と日程を確認する