五線譜での音の配置と鍵盤上の位置を対応させて考える方法 | 特定非営利活動法人ミュージックプランツ | 音楽制作・作曲・DTMを支援する会 Skip to content
作曲入門 一覧に戻る
2021年3月 26日

2:五線譜と鍵盤の関係


五線譜と鍵盤の関係

音楽で使われる音の数は12個しかありません。
この内、Major Scaleと呼ばれる構造で並ぶ7つの白鍵、Major Scaleの構造上全音(半音2個分)部分の間に挿入される5つの黒鍵部分に別れます。

Major scale メジャースケールとディグリーネームの対応

そして、主要な白鍵部分をベースに「音名」が定められています。
黒鍵部分については後で説明します。

英語音名CDEFGAB イタリア語音名ドレミファソラシ 日本語音名ハニホヘトイロ

音の名称について

音楽理論では英語とイタリア語が良く使われます。
日本語も交えてここに記します。

英語音名 C D E F G A B
イタリア音名 ファ
日本語音名

注) クラシックで使われるドイツ音名では「(独)B=(英)B♭」「(独)H=(英)B」となり、混乱をきたすのでポピュラー音楽理論等では使われない。

音部記号~ト音記号(G-clef) ヘ音記号(F-clef)

五線譜で音の高さの基準を定めるのは音部記号です。
楽器によって様々な音部記号がありますが、高音部(トレブル:Treble)を表すト音記号と低音部(バス:Bass)を表すヘ音記号が最も良く使われます。

ト音記号:第二線を「G3」の音と定める。
(通常はオクターブを示す数字は省略する)

g clef ト音記号はG3に対応する

ヘ音記号:第四線を「F2」の音と定める。
主にベースやピアノの左手部分の表記に用いる

五線譜と鍵盤の関係

基本、五線譜は鍵盤を縦にした白鍵部分に対応しています。

五線譜と鍵盤の関係

五線譜の上下の高さは白鍵を基準にした配列になっています。
#や♭を使わない限り五線譜上の音符はすべて白鍵を示し、音楽で一番使われる音階「Major scale」の構造となっています。
鍵盤を縦にした状態が五線譜に対応しているのです。
よって、理論を習得するには鍵盤で音を出して確認することが重要です。

鍵盤と楽譜の位置対応

音の高さは異なりますがこれらはすべて「C (ド)」の音です。
詳しく音の高さまでを示すのに数字を用いて「C2」などと表記します。
この関係を「オクターヴ」といいます。
C2~C4の関係は2オクターヴとなります。

16beatのポイント練習

リズム譜で練習してみましょう。横一列で1小節と見ます。

リズム譜

画像をクリックすると印刷用PDFファイルが開きます

 


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。