Skip to content
メロディ構築術・作曲技法 一覧に戻る
2021年3月 27日

1:音楽の構成要素・コードとメロディ


音楽の構成要素とメロディ

音楽の3大要素

Rhythm(リズム)

拍子・ビート、一定周期またはパターンの音

最重要要素

Melody(旋律)

音の高低・長短の変化の連続した流れ

Harmony(和声)

複数の高さの音が重なり合いながら変化し、進行していく

作曲の定義

メロディをコードが支えるという状態を確定させること。
これにテンポ指定(リズム)が加われば作曲の著作権が発生します。
メロディの無い音楽の場合は著作権の定義が難しくなります。

メロディの種類

コードとメロディの関係

メロディはコードが支えることによって独自で唯一のものとなります。
メロディだけを聞いておかしくなければ必ずコードで支えることが出来ます。
そして大部分においてメロディを支えるコード進行は2種類以上存在します。
コード進行を「探す」のではなく「選ぶ」スキルを身につけることが重要となってきます。

作曲のできる人とできない人

作曲は「メロディ」を要素に持たなければなりません。
メロディは楽曲の「顔」になるところです。
メロディには種類がありますが、共通したポイントで「音の高低・長短変化の連続した流れ」があります。
これは「スケール」の存在を理解すればほぼ自動的に作り出すことが出来ます。

「気持ちよく歌えるメロディ」の作り出せる人と出せない人

音楽の最難関は「気持ちよく歌えるメロディ」を作り出すことです。
これができる人とできない人の差は何か?作り出せる人は普段から「気持ちよく歌う」ことを抵抗なく実践できている人です。
特に声を出して歌うことは極めて重要で、実際に出す「声」と脳内で鳴る音をピアノ音などで確かめて一致させ、リンク付けさせることがメロディ構築への第一歩となります。

メロディ構築最初のステップはリズムの認識!


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。