コードの違いを聴き取るコツ・コードの機能についての概要 | 特定非営利活動法人ミュージックプランツ | 音楽制作・作曲・DTMを支援する会 Skip to content
作曲入門 一覧に戻る
2021年3月 26日

5:コードのイヤトレ・ファンクション


コードのイヤートレーニング1

コードを聞き取るのコツは、コードそのものの響きをキャラクターとして捉えることです。
一音づつの構成音を把握しようとすると、かえって難しくなります。

3和音(トライアド)

  • ◯ [メジャートライアド]・・・・・明るい
  • ◯m [マイナートライアド]・・・・暗い
  • ◯m(♭5) [ディミニッシュトライアド]
  • ◯+ [オーギュメントトライアド]

4和音(7th chord)

  • ◯△7
  • ◯m7
  • ◯7
  • ◯∅7

Diatonic 7th chord (D7C)

Cメジャースケール

メジャースケールの音を材料にして3度堆積によりコードを作ります。
このコード群を「Major Scale Tone 7th Chord」別名「Diatonic 7th Chord」といいます。

Cメジャースケール ダイアトニックコード

Function(機能)

Function(機能)とは曲の進行感を司る要素のこと。
各コードは1つ、または2つのFunction (機能)を持ち、コード進行において時間軸上の配置への目安に役立ちます。
以下、Tonic=T Subdominant=S Dominant=Dと表します。

メロディ構築においては、まずは「Tonic」の感覚をつかむことがとても重要です。

スケール感覚をDiatonic 7th chordに拡大します。
トニックスタートのコード進行とサブドミナントスタートのコード進行の感覚をつかむことは楽曲構築で重要になります。

循環コード トニックスタート

循環コード サブドミナントスタート

コード進行を耳コピできるようになるためには、「今なっているコードが、メジャースケールの何番目か」という相対度数の把握が重要です。

画像をクリックで印刷用PDFファイルが開きます


アカデミー受講生募集中

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。