【プレスリリース発信のお知らせ】AIサウンド専門レーベル「Candyroidレーベル」スタートアップ | 特定非営利活動法人ミュージックプランツ | 音楽制作・作曲・DTMを支援する会 Skip to content
お知らせ 一覧に戻る
2022年5月 6日

【プレスリリース発信のお知らせ】AIサウンド専門レーベル「Candyroidレーベル」スタートアップ


NPO法人ミュージックプランツの名誉会長である作曲家 穂口雄右が、2022年5月、サウンドクリエーターのための「Candyroidレーベル」(キャンディロイドレーベル)をアメリカでスタートアップ。

日本稀代の名曲「春一番」(作詞作曲編曲:穂口雄右、歌 キャンディーズ、1976年)をはじめ、「年下の男の子」「微笑がえし」(キャンディーズ)、「林檎殺人事件」(郷ひろみ&樹木希林)など、時代を超えて多くの日本人に歌われ愛される楽曲を作った穂口雄右。

そんな穂口雄右がAIボーカルに未来の可能性を感じた!
もちろん、AIボーカルシーンがすでに大流行りなことは、穂口自身、百も承知ながら、2021年になって著しい進化を遂げたボーカルAIに大きな可能性を感じ、自ら最新のボーカルAIを手に入れてプログラムしたところ、みごと大満足のボーカルに成長。この歌手(AI)なら自分の作品も表現でき、また、日本の若いクリエーターが世界に挑戦する起爆剤にもなるとの思いから、AIサウンド専門レーベル「Candyroidレーベル」の設立となりました。

まずは日本語で、日本の良さをアピールする楽曲をリリースしますが、今後は日本語にこだわらず英語も取り入れたAIサウンド制作を行う方針です。

2022年5月6日(金)、上記記事に関するプレスリリースを発信いたしました。

詳細はプレスリリース記事を参照下さい。


【9/18開催】オリジナル楽曲アドバイスオープンセミナー

これからDTMを始める方、音楽制作スキルをもっと伸ばしたい方の入会を募集しています。