DTMonidojo_Top

DTM鬼道場とは?


個人それぞれの音楽嗜好、実力、目標に応じて、代表から直接の練習メニュー・課題を受け取り実践していくプログラムです。
目標は2018年秋開催の即売会(M3)にてCDを発表すること!

プログラム第1号の実践過程をリアルタイムでレポートしていきます。

【条件】必ず課題を実行すること、休まないこと。

IMG_8057-min

講師紹介
北田 陽一郎(K Masera)

NPO法人ミュージックプランツ理事長。
プロフェッショナルミュージックスクールアムバックス、エイベックス・ アーティストアカデミー等、多くの音楽教育機関にて講師経験を持つ。Tatsh、須田悦弘、渡辺翔をはじめ数多くのプロ作曲家を育成、輩出してきた。
beatmaniaIIDX13 収録の「EURO-ROMANCE」他、「ホログラム・ロマンス/K-MASERA&Tatsh feat.古川未鈴(でんぱ組.inc)」などを手がける。

今回の実験第1号 紹介

①加藤陽太郎
②末次千砂
③吉川裕也
①加藤陽太郎

kato_photoミュージックプランツ副理事長(Twitter@yotaro_ks)

年齢:そろそろ30代後半(アラフォー)

音楽経験:気合いだけはプロレベル。ノリは原始人と同等。残りはサル以下。

制作環境:Mac Book Pro2016 15inch/ LogicProX

好きな音楽:Underworldみたいなやつ

抱負:勝負の前から負ける事を考えるやつなんているか!成せばなる!

*持ち曲「決意」2018.5.14発表

②末次千砂

ChisaSuetsuguTwitter@chisa_vocal_hrm

年齢:50代女子

音楽経験:pianoバイエルで挫折、アマチュアバンドのvocal30年以上、harmonica 20年以上(Live年3回程度)いろんな楽器を弄っては放り投げるを繰り返し、理論以前習った経験あり

制作環境:Mac Book Pro2016 13inch/ LogicProX

好きな音楽:reggae、R&B、他

抱負::目標達成の為に計画を立て、指示通りに毎日鬼道場課題に取り組む!

第1目標:楽譜が書ける(特にリズム/コード)、思い通りな音色作り、キーボード入力スキルUP、楽曲の構成やツナギなどをよくする

*持ち曲「Critternut」2018.4.29発表

③吉川裕也

yoshikawa_icon

Twitter@awlsfy

年齢:26歳

音楽経験:小学生時代にエレクトーンを3年(挫折)、中学生時代でギターを本格的に練習し始め、高校生時代にバンド活動とDTMに手を出す。大学卒業間際になってようやく本格的に作曲を志し、現在に至る。

制作環境:iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) / LogicProX & Cubase9.5

好きな音楽:Cornelius, ナンバーガール, 秦基博, 空気公団, Sigur Rós, Clark, Nile Rodgers, KRAFTWERK, Led Zeppelinなど

抱負:一番の敵は自分自身!毎日地道に一歩ずつ!

第1目標:まずはM3で音源を発表できるように頑張ります!目指せ黒字!

*持ち曲「Goodbye my world」2018.5.27発表

課題と結果 (随時更新)

①加藤陽太郎編

今回の課題(2018.6.4〜6.12)

*Logic操作基礎 第1回&第2回のアーカイブを見る

*シンセサイザー入門 第1回&第2回のアーカイブを見る

*楽曲の構造解析を1曲行う

*Cm7(9)からA♭m7(9)までのキーボード練習を行う

*シンセサイザープリセット(ベース・パッド)の音色名とサウンドを紐付ける

結果

「Jal to Tokyo / Underworld」の構造解析を行なった

シンセセサイザープリセットの音色名とサウンドが紐付けられなかった

キーボード練習は15秒かかるがそこそこ出来るようになった

Logic操作基礎 第1回&第2回のアーカイブを見た

シンセサイザー入門 第1回&第2回のアーカイブを見た

次回の課題(2018.6.12〜6.19→多忙につき6.22)

*Cm7(9)からA♭m7(9)までのキーボード練習を行う(8秒目標)

*シンセサイザープリセット(ベース・パッド)の音色名とサウンドを紐付ける

*Underworldから3曲選び、7分程度のMIX(ツギハギ)を作る

IMG_5319

※代表による、課題の参考動画です。

過去の課題と結果

課題1(2018.5.8〜5.14)

*LogicProXを用いて

ドラムのエレクトロニック系AppleLoopsを全て聴くこと(約2,000個)

AppleLoopsの中からお気に入り登録を増やすこと

0:45尺の音源を作ること

結果

全ループ音源を聴き、112個のお気に入り登録を追加

初作品「決意」を作曲

課題2(2018.5.14〜5.21)

テックハウス、ディープハウスのAppleLoops(約800個)を全て聴く

自分の好きなアーティスト(Underworld)の楽曲を3曲構造解析すること

シンセサイザープリセット(ベース・パッド)の音色名とサウンドを紐付ける

指導風景

結果

DdtYqK6VMAEdEGb

テックハウス、ディープハウスのAppleLoops(約800個)を全て聴いた

自分の好きなアーティスト(Underworld)の楽曲を3曲構造解析した

シンセサイザープリセット(ベース・パッド)の音色名とサウンドを紐付けられなかった

課題3(2018.5.21〜6.4)

自分の好きなアーティスト(Underworld)の楽曲を1曲構造解析すること

シンセサイザープリセット(ベース・パッド)の音色名とサウンドを紐付ける

m7コードを1音ずつ下降させるキーボード練習を行う(参考運指動画)

結果

IMG_5115

「Ring Road / Underworld」の構造解析を行なった

シンセセサイザープリセットの音色名とサウンドが紐付けられなかった

キーボード練習がうまく身につかなかった

課題4(2018.6.4〜6.12)

Logic操作基礎 第1回&第2回のアーカイブを見る

シンセサイザー入門 第1回&第2回のアーカイブを見る

楽曲構造解析を1曲行う

Cm7(9)からA♭m7(9)までのキーボード練習を行う

結果

IMG_5319

「Jal to Tokyo / Underworld」の構造解析を行なった

シンセセサイザープリセットの音色名とサウンドが紐付けられなかった

キーボード練習は15秒かかるがそこそこ出来るようになった

Logic操作基礎 第1回&第2回のアーカイブを見た

シンセサイザー入門 第1回&第2回のアーカイブを見た

課題5(2018.6.12〜6.19)

*Cm7(9)からA♭m7(9)までのキーボード練習を行う(8秒目標)

*シンセサイザープリセット(ベース・パッド)の音色名とサウンドを紐付ける

*Underworldから3曲選び、7分程度のREMIX(ツギハギ)を作る

 

作編曲:加藤陽太郎
kato_dtm

②末次千砂編

今回の課題(2018.6.11〜6.18)

Talking Drum / Japan の耳コピを引き続き、以下の項目に注意して行う。

 

【音符NG箇所】

・イントロ〜メインリフでのハイハットの刻みが異なる
(もっとロール部分は細く、右手と左手の役割を考えて追い込む)

・ド頭のスネアが異なる

・スネアの細かいゴーストノートが全く取れていない

・不足している音が多い!

 

【サウンドNG箇所】

・もっとスティーブ・ジャンセンのドラムセットに近い音が、元々のLogicProXプリセットに存在するため、探すこと

・Drum Kit Designer、Drum Machine Designerを更に触れること

・まずはLogicのヘルプメニューからLogic音源 > Drum Kit / Machineを見る

結果

ドラムパートのみ、フル尺でコピーに再挑戦。

音源データを提出した。

次回の課題(2018.6.19〜6.25)

Talking Drum / Japan の耳コピを引き続き、以下の項目に注意して行う。

 

・もっとパターンを正確に
提出ファイルでの7小節目(0:11)のスネアのズレ←この後もこのまま間違って入っており、細かいスネアロールも不足しています。
また、サビ部分でのオープンハットが雑すぎます。
もっと再現性を高めて!!

・もっとスネアドラムのゴースト音を再現させる
24小節目(0:45)の頭の部分のスネアロールなど

・グルーヴをもう少しタイト気味に
手打ちで打ち込んでいるのかズレが目立ちます。
もっと気持ちの良いグルーヴになるよう音符を調整して下さい。
たとえばピアノロール画面で目的の音符を選び、クオンタイズの強さを調節することで「ある程度のズレを残したノリ」を表現できます。

2. さらにミック・カーンのベースを入れる
難しいと思いますが、いよいよこれを入れて下さい。

 

過去の課題と結果

課題1(2018.5.14〜5.30)

*参考にしたい楽曲を10曲プレイリストにまとめる

結果

10曲をAppleMusicから選び、プレイリストにまとめた

課題2(2018.5.31〜6.12)

Talking Drum / Japan の耳コピを行う。

まずはドラムパートのみフル尺で!

結果

ドラムパートのみ、フル尺でコピーを実施。

音源データを提出した。

課題3(2018.6.11〜6.18)

合格基準から見て、今回はクォリティ15%の判定!!

Talking Drum / Japan の耳コピを引き続き、以下の項目に注意して行う。

【音符NG箇所】

・イントロ〜メインリフでのハイハットの刻みが異なる
(もっとロール部分は細く、右手と左手の役割を考えて追い込む)

・ド頭のスネアが異なる

・スネアの細かいゴーストノートが全く取れていない

・不足している音が多い!

【サウンドNG箇所】

・もっとスティーブ・ジャンセンのドラムセットに近い音が、元々のLogicProXプリセットに存在するため、探すこと

・Drum Kit Designer、Drum Machine Designerを更に触れること

・まずはLogicのヘルプメニューからLogic音源 > Drum Kit / Machineを見る

結果

ドラムパートのみ、フル尺でコピーに再挑戦。

音源データを提出した。

課題4(2018.6.19〜6.25)

Talking Drum / Japan の耳コピを引き続き、以下の項目に注意して行う。

・もっとパターンを正確に
提出ファイルでの7小節目(0:11)のスネアのズレ←この後もこのまま間違って入っており、細かいスネアロールも不足しています。
また、サビ部分でのオープンハットが雑すぎます。
もっと再現性を高めて!!

・もっとスネアドラムのゴースト音を再現させる
24小節目(0:45)の頭の部分のスネアロールなど

・グルーヴをもう少しタイト気味に
手打ちで打ち込んでいるのかズレが目立ちます。
もっと気持ちの良いグルーヴになるよう音符を調整して下さい。
たとえばピアノロール画面で目的の音符を選び、クオンタイズの強さを調節することで「ある程度のズレを残したノリ」を表現できます。

2. 更にミック・カーンのベースを入れる

作詞/作編曲歌唱:Chisa Suetsugu(末次千砂) (英訳:未知狐(michico))

③吉川裕也編

今回の課題(2018.6.11〜6.18)

*生で弾くギターサウンドを絶対に使わない楽曲作り(1コーラス)

【条件】

・全トラックソフトウェア音源(であればギターサウンドOK)

・AppleLoops素材使用はOK

・歌物、ボーカルはシンセメロディで良い

・ギターサウンド中心の楽曲はNG

 

※1週間という期間でどれだけ「自分にとって不利な条件」で作曲が行えるか、を試します。

結果

1コーラスの楽曲データを提出した。

Mizu No Wakusei / 吉川裕也

次回の課題(2018.6.18〜6.25)

*「Mizu No Wakusei」のさらなるブラッシュアップ
現状の楽曲総合評価は55点 (目標:85点以上)

大まかにメロ&コードの再考部分が多く、全体のサウンドキャラをもっと練る必要がある。

【必須ポイント】
*「Mizu No Wakusei」のコード表記を入れたメロディ譜を作成し、コードとのインターバル関係を書き入れる。
*ノンダイアトニックのコード部分への対応スケールを確定して書き入れる。特にこの部分はメロディのインターバル解析を入念に。
*楽曲構成図を作成し、もっと印象付けるための構成改変を考える。

【要チェックポイント】
イントロのシンセ音リードを改変するべき。音色メロともにチープ感が出ている。
ドラムサウンドを再考。よくあるアニメOP系のKickだけエレクトロ、その他は通常ドラムのサウンドで本当にいいか?もっとインパクトに通じる音色選びがあるのではないか。
ベースの嘘っぽさを取り払う。これで打ち込み技術の限界ならば、ドラムサウンドと共に、リズム隊のエレクトロ方向への転換も視野に入れる。

0:44 24小節ハモリ部分のハーモナイズがおかしい
0:59 32小節目のコードに対してメロがノンスケールトーン
1:14 40小節目 3拍目のコードメロ確認 サウンドとしてはセーフに聞こえるがメロの未解決ポイントがあるのを意識しているかの確認
1:30 48-49小節 ハモリのハーモナイズ確認 やや怪しく聴こえている

Aメロ〜Bメロはさほど上記ポイント以外の音符に問題ない
Bメロ部分のバックサウンドにもうひと工夫
サビの一回し目は音符に問題はない。二周し目以降の展開にもっと工夫を。この展開部分が物足りない。あとギアが1.5段階上がるくらいでちょうどいい。
サビのメインモチーフの繰り返し構造を再考すれば自ずと二周し以降の展開イメージが開けると思う
まだ、生ギターは禁止

過去の課題と結果

課題1(2018.5.27〜6.3)

*目指す音楽の方向性、活動エリアを改めて明確にする

結果

鬼道場メモ(22)

鬼道場メモ(12)

 

 

 

 

 

 

 

鬼道場まとめ(22) 鬼道場まとめ(12)

 

 

 

 

 

 

自分の過去を振り返り、ルーツや経験をリストアップした

活動エリア、現在の目標をまとめた

課題2(2018.6.4〜6.11)

*自分の思う足りていないもの、影響を受けていない・目指してこなかった音楽の方向性をリストアップする

参考:代表はディストーション系ギターサウンド、レゲエ、ブルースなど!

結果

不足している、影響を受けていないジャンル・アーティストと考察をまとめた

 

timeline_20180606_162741 timeline_20180606_162743

 

 

 

 

 

 

課題3(2018.6.11〜6.18)

*生で弾くギターサウンドを絶対に使わない楽曲作り(1コーラス)

【条件】

・全トラックソフトウェア音源(であればギターサウンドOK)

・AppleLoops素材使用はOK

・歌物、ボーカルはシンセメロディで良い

・ギターサウンド中心の楽曲はNG

※1週間という期間でどれだけ「自分にとって不利な条件」で作曲が行えるか、を試します。

結果

*1コーラスの楽曲「Mizu No Wakusei」を提出した。

課題4(2018.6.11〜6.25)

*「Mizu No Wakusei」のさらなるブラッシュアップ
現状の楽曲総合評価は55点 (目標:85点以上)

*コード表記を入れたメロディ譜を作成し、コードとのインターバル関係を書き入れる。
*ノンダイアトニックのコード部分への対応スケールを確定して書き入れる。特にこの部分はメロディのインターバル解析を入念に。
*楽曲構成図を作成し、もっと印象付けるための構成改変を考える

作編曲:吉川裕也(歌唱:S2501 作詞:joru)