Skip to content

Logic実践/ミュージックアレンジメント 一覧に戻る

2021年3月 29日

1:Apple Loopsについて


LogicProは購入インストールと共に約20000もののAppleLoopsが付属で付いて来ます。
ありとあらゆるジャンルにてループ素材が揃っており、これ以上の追加Loopはまず必要ありません。
また、オーディオループのみならず、ソフトウェア音源対応のMIDIループも多数入っており、フレージングの研究、練習にも使えます。
Logic Proの無償バージョンアップと共に増え続けるApple Loopsは時代の最先端サウンドに完全追従しています。
今回の講義では単なる貼り付けのみに終わらず、元ループからの効果的な加工、変形やEXS24へのトラック変換による素材ライブラリーへの転用、オリジナルAppleLoopsへの登録など余りある機
能をご紹介します。

Apple Loopsの概要

キーワード別のループブラウザ 音源別のループブラウザ

  • インストール時に登録されるAppleLoops。

  • 追加インストールの方法。

  • カテゴリー別、音源別のAppleLoopsの確認と貼り付け

ループの編集①

AppleLoopsの編集

リージョンインスペクタで行います。

原型での可能な編集

  • ループ指定

  • ディレイ

  • フェードイン・アウト

  • ゲイン変更

AppleLoopsで「拍」の設定がある場合

  • トランスポーズ指定(ピッチ変更)
  • 速度指定(もと時間からの倍数設定)

コピーが必要な編集

任意のタイムストレッチ

→非圧縮ファイルに変更が必要

ループの編集②

AppleLoopsの波形編集

波形編集は「非圧縮ファイル」形式でないと行えません。

圧縮ファイルを波形編集するときには「ファイルをコピー/変換」で非圧縮ファイルに変換します。

EXS24サンプラートラックへの変換による効果と素材ライブラリーへ転用。

ドラムループなどを「サンプラートラックに変換」すると、ループ中の各素材音が切り刻まれてEXS24に流し込まれます。

【注意】
拍指定のループの場合、埋め込まれているBPMとプロジェクトのBPMが一致していない場合、非圧縮ファイルへの変更をしてから「サンプラートラックへの変換」を行います。

これを行わない場合、BPMがずれた状態で変換されてしまいます。

「トランジェントマーカー」を使用すると
各素材音が切り刻まれる。

サンプラーEXS24に各素材音が流し込まれる→ループとは違う新たなリズム・パターンを作成できる

オリジナルのAppleLoopsを作製する

プロジェクトのリージョンからオリジナルのAppleLoopsを作製することができます。
AppleLoopsに登録したいリージョンをループブラウザのリスト部分にドラッグします。
リージョンはオーディオリージョン、ソフトウェア音源リージョンのどちらでも可能です。

タグを編集して名前をつけて登録します。