DTM鬼道場①②被験者 成果更新!(2018.7.19)


新規プログラム「DTM鬼道場」では、現在3名の被験者の実験結果をレポート中!

 

DTM鬼道場とは?

個人それぞれの音楽嗜好、実力、目標に応じて、代表から直接の練習メニュー・課題を受け取り実践していくプログラムです。

 

加藤陽太郎編(ミュージックプランツ副理事長)

結果

*シンセサイザープリセット(ベース10個、パッド以外から5個ずつ)からお気に入りの音色を選び、それぞれのスマートコントロールのパラメーターを触った

*被験者の音楽傾向は音色の選択嗜好から「ディープハウス」であることが判明した

次回の課題(2018.7.19〜7.26)

*AppleLoops「ディープハウス」を中心に1分強の楽曲のラフスケッチを作る

*その際、コード1トラック+ベース1トラックを必ず入れる

(コードに関しては、m7(9)コードでの楽曲構想を練る)

 

末次千砂編(正会員)

結果

新曲の音源データを提出した。

いい匂いの人 / Chisa Suetsugu

次回の課題(2018.7.19〜7.26)

*メロディの修正(修正メロディはLogicファイルと「楽譜」で提出)
→楽譜はメロ譜で可(コードネームとメロディ、セクションを書いて下さい)
*ボーカルはシンセメロディ可

 

本日、2名の課題成果と次回の課題発表を更新しました。

詳細は特設ページにてご確認下さい。

YouTube、Twitter共に要チェックです!

http://musicplanz.org/oni_dojo